悲しみをぶっとばせ

[Let's Spend The Night Together] ランニングとテニスをしている最中に考えたこととか。

強い気持ち・強い愛

昨晩、腹筋を鍛えたいな、と唐突に思った。

昨年の12月には、腹筋が割れるとまでは行かなくても、力を入れなくても腹筋がついているのがはっきりわかるおなかだった。

もともとはスカートの上におなかの肉が乗るような体型で、まあでも不摂生しているわけでもないしそれが普通だろうと思っていた。

というか、それが当たり前だったから腹の肉のことなんて考えたこともなかった。

でも昨年の9月に駅のそばに引っ越し、それに伴って家の周りを走るのは防犯上危険だと思ったので、歩いて5分のところにあるスポーツクラブに速攻で入会し、走るために入ったのにいつの間にか筋トレをするようになってから、今までの腹は肥満レベルだったんじゃないかって気づいてしまった。

スポーツクラブのお兄さんに家でできる体幹トレーニングなんかも教えてもらって、ジムでも筋トレ、家でも筋トレをしていたら、いつの間にか腹の肉がなくなり、実家に帰るたびに腹を自慢していた。

そういえばそのときはランも順調、一人暮らしなのに食事は3食ばっちりきれいに作って、しかもおやつは食べず、3食のうち1食は豆腐にしていた。

それだけやれば筋肉がついてしかるべきだって今は思う。

でも、今は全然良い腹筋ではない。

仕事が忙しいし、ものすごくストレスがたまって、あまりにストレスが溜まりすぎて太ももとか切ってしまう。

とはいえ、去年だって9月から始めて12月には、見せびらかしたいおなかになったのだから、また腹筋をつけるのは無理ではないと思う。

腹筋があるのは心にもとても良い。

腹筋がついているだけで、誰だって倒せるような気分になるから、かえって誰にでも優しく振る舞える。

自分の身体の中心にある腹を意識するだけで、何言われたって(一応ふーんって聞きながらも)、でもあなたは私の腹筋にはかなわないでしょ、私が勝者よって思ってスルーできた。

まさに、弱気を助け、強気を挫くって感じだった。

やっぱり気持ちを強く持って健やかな生活を送るためには、腹筋のような目に見える筋肉が必要だ。